在宅医療の薬剤師の仕事内容

在宅医療の薬剤師の仕事内容は、地域に貢献する仕事で、様々な業務をこなさなければなりません。在宅医療の薬剤師は、患者のお宅へ訪問して薬を届けるだけでなく、薬剤の管理や服薬指導を行います。

 

そして、注射剤の扱いや緩和ケアなど、多方面に渡って仕事をこなしていく必要があります。薬剤師の在宅医療における役割は、単なる薬のデリバリーではありません。医療チームの一員として、薬剤の知識と臨床の知識を持ちながら、コメディカルスタッフと情報を共有していかないといかないので、幅広い知識が求められます。

在宅医療現場において、薬剤師は、服薬に関して医師等以外の訪問看護師、ケアマネジャー、ヘルパーなどと共に、必要に応じて情報を共有し、連携を図っていかなくてはなりません。在宅医療の薬剤師の仕事内容は、多岐にわたり、あらゆる業務をこなさなければならず、特にコミュニケーション能力が求められます。

在宅医療の薬剤師の仕事は、医師、看護師、介護スタッフと連携をとりながら、地域医療を担っていく役割があるので、やる気のある人にとっては、非常にやりがいのある仕事と言えます。

美容外科求人

病院薬剤師の平均的な年収

病院薬剤師の平均的な年収について解説すると、大体、相場的には400~650万円ぐらいです。製薬会社やドラッグストアで働く薬剤師と比べてそれほど差はありませんが、病院薬剤師の場合、他の勤務先より若干ピークが訪れるのが早い傾向にあります。

ピークは他の勤務先より高くはないのですが、ピーク時が長く続く特徴があります。大学病院で働く薬剤師の年収は、他の一般病院に勤務する薬剤師とほとんど変わらず、平均年収は、ボーナスを含めて500万円ぐらいと言われています。

男性薬剤師の平均年収が595万円、女性薬剤師の平均年収が475万円と出ています。病院で働く薬剤師の平均年収は、勤務する病院で多少違いますが、だいたい同じぐらいです。

ただ、仕事のハードさを考慮すると、一般病院と比べると、大学病院で働く薬剤師の平均年収は、低いといえるかもしれません。しかし大学病院の場合、一般病院が行う診療以外に、医学、医療技術の研究、医療教育の3つの役割を担っているので、一概に年収だけでは判断し難いものがあります。

病院薬剤師は、大学病院で働くことで、色んな経験を積むことができます。

美容クリニック 求人